エクセリオン

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

『エクセリオン』は、1983年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)からリリースされたアーケードゲームで、後にファミリーコンピュータ(ファミコン)にも移植されました。このゲームは縦スクロールのシューティングゲームとして当時のゲームファンから愛されました。以下に、ブログ記事の形でその詳細を紹介します。


『エクセリオン』: レトロゲームの金字塔

1980年代、シューティングゲームの黄金期に生まれた『エクセリオン』。今回はこの名作の魅力に迫ります。

1. 画期的なゲーム性

『エクセリオン』は、従来のシューティングゲームとは異なり、自機の速度制御が可能でした。これにより、敵を避けたり、狙ったりする戦略が更に奥深くなりました。

2. 美しい背景グラフィック

ゲームプレイ中の背景は地表を模したもので、高速で飛ぶことによってスクロール速度が変わるなど、当時としては斬新な技術を取り入れていました。

3. 高難易度の挑戦

『エクセリオン』は、敵の動きや弾の速度など、難易度が高めに設定されています。これにより、ゲームをクリアするための挑戦が非常にやりがいのあるものとなっています。

4. レトロなサウンド

当時のゲームらしいシンプルながらも耳に残るBGMと効果音は、プレイヤーをゲームの世界へと引き込みます。


『エクセリオン』は、ファミコン初期のシューティングゲームとして、その革新的なゲーム性や美しいグラフィック、高い難易度などで多くのゲーマーに愛されました。現代の派手なゲームにはない、あの時代ならではのシンプルな魅力を、新たな世代のゲーマーや懐かしみたい方にもぜひ体験してほしい一作です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました