ドンキーコング

1983

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ドンキーコングをプレイした感想

当時の私は小学校低学年。

まだ、ブロック崩しやインベーダーゲームくらいしかなかったので、ドンキーコングはかなり衝撃的なゲームでしたね🤗

毎回思うのは、ドンキーコングって1面が1番難易度が高くないですか?

2面なんて、丁寧に操作したらまず死にませんし…3面もタイミングで何とかなりますし。

エンディングがないドンキーコング。

微妙に難しくなりますが、慣れてくるとエンドレスとなり、疲れるまではたすら続けた思い出。

ドンキーコングのチート集

コード >内容 >追記
0055-1-xx 残機数 01d~03d 1P、2P共通
0021-3-xxxxxx ハイスコア 000000h~999999h(999999点)
スコアは最大にすると加算時オーバーして0になる
0025-3-xxxxxx スコア
002E-1-89 ボーナス減らない 99にすると音楽が変化する
003F-1-4B ハンマー時間減らない 上下に移動したい場合はOFFにしてください
0096-1-01 無敵 死にませんが少し動きがおかしくなります&b;落下死も防ぎます
0036-1-FF ドンキーコング
何もしない
042C-1-00 スーパージャンプ どんどん次の高さの足場に着地していく
画面外に出ると空に落ちて死にます
0203-1-xx キャラX軸操作 0←→255
0200-1-xx キャラY軸操作 0↑↓255
コードをOFFにするといきなり死ぬのであまり意味なし
0053-1-xx ステージセレクト 02d~04d 画面が変になります
0210-1-xx 敵の位置固定(横) 0←→255 値が00hまたはFFhで「敵不在」となる
以降アドレスに+10h
0213-1-xx 敵の位置固定(縦) 0↑↓255 以降アドレスに+10h

ファミリーコンピュータ版のドンキーコング

1983年の7月15日に、ファミリーコンピュータの立ち上げと同時に、『ドンキーコングJR.』や『ポパイ』とともに『ドンキーコング』の続編がリリースされました。

その中で、一部の特徴や要素が省略されています。例えば、25mの高さ表示がなくなり、ゲームスタートとステージクリア時に繰り返されるデモが削除されました。さらに、ファイナルステージをクリアする際のバックグラウンドミュージックは2種類から1種類に減らされました。また、ストレージの容量問題により、50mのベルトコンベアーのステージが削除されてステージ構成は3つになりました。火薬樽のグラフィックは普通の樽と同様になり、樽が落ちるパターンは2つだけになりました。

しかし、一方で、このゲームの移植度はかつてのアーケードゲームの家庭版とは異なり、機能は縮小されつつもアーケード版との差異はほとんどないという特徴があります。キャラクターの個性やストーリーテリングが強調され、単純なステージの繰り返しではない点でも優れた作品と言えます。

なお、『どうぶつの森』シリーズでは、このゲームをファミコン家具として楽しむことができます。また、2004年にはゲームボーイアドバンスで、そして後にはWii、ニンテンドー3DS、Wii Uでバーチャルコンソールとして配信が開始されました。さらに、Nintendo Switch Onlineを利用しているユーザーも『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』を通じて遊ぶことができます。

海外のNESでは、本作と『ドンキーコングJR.』が1つのパッケージとなった『Donkey Kong Classics』としてリリースされています。

ドンキーコング制作の経緯

『スーパーマリオブラザーズ』の製作を後に手掛けることとなる宮本茂がディレクターを務め、プログラムは池上通信機が担当した『ドンキーコング』は、アーケード機「レーダースコープ」の販売不振から余った基板を使い回すという目的で製作が開始されました。企画初期段階では、「ポパイ」のキャラクターを使用する予定で、任天堂はその使用権を取得するべく交渉を進めていました。当初のゲーム構想は、ブルート(ドンキーコング)に誘拐されたオリーブ(レディ)をポパイ(マリオ)が救出するというストーリーでした。しかしながら、キャラクター使用権の交渉が進まなかったため、宮本自身がマリオやドンキーコングといったオリジナルキャラクターをデザインし、結果として『ドンキーコング』が完成しました。

マリオのキャラクターデザインについては、動作を視覚的に理解しやすくするためにオーバーオールを着せ、テレビ画面でも認識しやすいように鼻を大きく描き、髭と帽子を追加しました。この外見から、マリオは大工という設定が与えられました。現在ではマリオの一般的なイメージは赤いシャツに青いオーバーオールですが、初期の設定では青いシャツに赤いオーバーオールという配色でした。

ゲームの舞台については、マリオが大工であることから建設現場が選ばれました。ゲームプレイとしては、プレイヤーがさまざまな障害物を巧みに避けながら上に登っていくことを求められます。そのため、舞台となる建設現場でゴリラが樽を転がし、それを落とすという設定が生まれました。

このゲームの製作期間は4~5ヶ月と、当時他のゲームが作られていた期間である3ヶ月よりも長くかかりました。

ドンキーコングの名前の由来

『ドンキーコング』の名前の起源は興味深いもので、その一部は英語の理解の誤解から来ています。「ドンキー(donkey)」という部分は、「ロバ」という通常の意味ではなく、「愚か者」や「間抜け」を意味していますが、実際に英語でこのように使われることはほとんどありません。「コング(kong)」は、日本では『キングコング』の影響で「大きなゴリラ」を指す言葉と誤解され広まっていましたが、実際には『キングコング』で作られた造語で、本来の英語にはそのような単語は存在しません。

この名前の提案者は、当時任天堂の広報部に勤務していた本郷好尾氏です。彼は、「愚か者」という意味を探して和英辞典を調べ、「Donkey」という単語を見つけました。その後、「ゴリラ」を意味すると思われていた「Kong」と組み合わせて、良い響きのある名前を提案し、そのまま公式に採用されました。その他の候補としては、宮本茂がゴリラに頭巾をかぶらせ「鞍馬コング」とするという提案があったり、『ファニーコング(Funny Kong)』、『ステューピッドコング(Stupid Kong)』、『クレイジーコング(Crazy Kong)』といった名前が挙がっていましたが、これらの中から『ドンキーコング』が正式名称に選ばれたのは、当時の任天堂本社の貿易部輸出部長だと考えられています。

さらに、主人公マリオの名前の由来は、米国任天堂が借りていた倉庫のオーナー、マリオ・セガールの顔が『ドンキーコング』の主人公に似ていたことから来ています。

ドンキーコング評価

ゲーム雑誌「ファミリーコンピュータMagazine」の1991年5月10日号の特別付録、「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、このゲームは「任天堂の初期の傑作」と位置付けられ、「キャラクターベースのアクションゲームの先駆者」とも称されています。「このゲームは全3面で構成されている。現代の視点から見ると少々素朴かもしれないが、その時点では革新的なシステムだった」と評価されています。

Donkey Kong for NES

On July 15, 1983, alongside the launch of the Family Computer, sequels to “Donkey Kong”, “Donkey Kong Jr.” and “Popeye” were released.

In this version, some features and elements were omitted. For instance, the display of height at 25m was removed, and the repeating demonstrations at the start and end of each stage were deleted. Furthermore, the background music for the final stage clearance was reduced from two types to one. Due to storage capacity constraints, the conveyor belt stage at 50m was also removed, reducing the game to a three-stage structure. The graphics of the powder kegs were changed to match those of ordinary barrels, and the pattern of their fall was limited to two.

However, on the other hand, this game is noted for its high degree of portability that differs from previous home versions of arcade games. While some functionalities were reduced, the game retained almost all features of the arcade version. It is a standout title for its emphasis on character individuality and storytelling, rather than just repeating simple stages.

In the “Animal Crossing” series, you can enjoy this game as a Family Computer furniture item. Furthermore, in 2004, the game was ported to the Game Boy Advance and later it began to be distributed as a virtual console on Wii, Nintendo 3DS, and Wii U. Additionally, users who are subscribed to Nintendo Switch Online can also play the game through the “Family Computer Nintendo Switch Online.”

For the NES overseas, this game, together with “Donkey Kong Jr.”, was released as a bundle called “Donkey Kong Classics.”

The Production History of Donkey Kong

“Donkey Kong”, directed by Shigeru Miyamoto who later became responsible for the creation of “Super Mario Brothers”, and programmed by Ikegami Tsushinki, began production with the intent to reuse surplus circuit boards from the underperforming arcade machine, “Radar Scope”. In the initial stage of planning, there was an intention to use the character ‘Popeye’, and Nintendo was in negotiations to acquire the rights to use this character. The original concept of the game involved Popeye (Mario) rescuing Olive (Lady), who had been kidnapped by Bluto (Donkey Kong). However, as negotiations for the rights to the character were not progressing, Miyamoto himself designed original characters such as Mario and Donkey Kong, ultimately resulting in the creation of “Donkey Kong”.

For Mario’s character design, he was dressed in overalls to make his movements easier to visually understand. His nose was drawn large for easy recognition on the television screen, and a mustache and a hat were added. From this appearance, Mario was given the role of a carpenter. Today, the common image of Mario is a red shirt and blue overalls, but the initial setting was a blue shirt with red overalls.

As for the setting of the game, a construction site was chosen because Mario was a carpenter. The gameplay required the player to skillfully avoid various obstacles while climbing up. Thus, the setting of a gorilla rolling barrels at a construction site, which are dropped, was born.

The production period for this game took 4 to 5 months, which was longer than the 3-month period that other games were being made at the time.

The Origin of the Name Donkey Kong

The origin of the name “Donkey Kong” is fascinating, partly derived from a misunderstanding of English. The “Donkey” part does not mean the usual “donkey” or mule, but rather it signifies a “fool” or “idiot”, although it is seldom used in this way in English. “Kong” was misunderstood and spread in Japan as a word meaning “large gorilla” due to the influence of “King Kong”, but it was actually a neologism created in “King Kong”, and there is no such word in standard English.

The proposer of this name was Yoshio Hongo, who was working in Nintendo’s public relations department at the time. He was looking up the meaning of “fool” in a Japanese-English dictionary and found the word “Donkey”. He then combined it with “Kong”, which was thought to mean “gorilla”, and proposed a name with a good sound, which was officially adopted. Among other proposals, Shigeru Miyamoto suggested making the gorilla wear a hood and calling it “Kurama Kong”, and names such as “Funny Kong”, “Stupid Kong”, and “Crazy Kong” were brought up, but “Donkey Kong” was chosen as the official name from these, believed to be chosen by the head of the export department of Nintendo’s headquarters at the time.

Furthermore, the origin of the protagonist Mario’s name comes from the fact that the face of Mario Segale, the owner of the warehouse that Nintendo of America was renting, resembled the protagonist of “Donkey Kong”.

Donkey Kong Evaluation

In the special supplement of the May 10, 1991 issue of the gaming magazine ‘Famicon Rom Cassette All Catalog’, the game is positioned as ‘an early masterpiece of Nintendo’, and is also hailed as ‘a pioneer of character-based action games’. “This game consists of three stages. From a modern perspective, it might seem a bit simplistic, but at the time, it was an innovative system,” the game is assessed.

コメント

タイトルとURLをコピーしました