ドンキーコングJR.

1983

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ドンキーコングJR.をプレイした感想

名作『ドンキーコング』の第二弾である『ドンキーコングJR.』😀

現代のゲームからしたらとても簡単なゲームですね🥳

しかし、当時の私は小学生、さらに、現在のゲームのように複雑なゲームをプレイしたことがありません🙃

それはもう、ハマりましたね😆

一作目である『ドンキーコング』の主人公はマリオですが、第二作目である『ドンキーコングJR.』の主人公は子供のゴリラで、マリオが悪者🧐

お母さんゴリラを健気に助けようとする子ゴリラを操作します😄

できることはジャンプのみ😉

非常にシンプルなコントロールですね🤣

たったの4ステージだけしかないのですが、何故か飽きずに延々とプレイしていた,記憶があります🤓

『ドンキーコングJR.』(別称:ドンキーコングジュニア、DONKEY KONG JR.)は、1982年に任天堂からリリースされたアーケードゲームです。また、アーケードバージョンや一部の海外リリースでは『DONKEY KONG JUNIOR』という名前が用いられています。

ドンキーコングJR.のチート集

コード 内容 追記
0021:xx TOP(HI SCORE) 00d~99d 10進数で入力
0022:xx
0023:xx
0025:xx SCORE(1P) 00d~99d 10進数で入力
2P=+04hずつ
0026:xx
0027:xx
002E:xx BONUS 00d~99d 10進数で入力
002F:xx
003C:xx
004C:xx 残りプレーヤー数 00d~09d 10進数で入力
1・2P共通コード
004B:xx LEVEL(周回数) 00h(1)~ 詳しい値は未確認
0035:FF マリオが悪さをしない
(敵を出さない)
0036:FF
0076:FF コング高い場所から
落ちても死なない
02C0:00 ワニいない(1匹目) 2匹目以降 +04hずつ ステージ 3は効果なし
0082:00 スーパージャンプ ↑ 高い場所から落ちても死なないコードと併用する

概略

このゲームは、マリオにより檻に閉じ込められたドンキーコングを、彼の息子、ドンキーコングジュニアが救出するという、一画面完結のアクションゲームです。

ゲームの構成

ゲームは4つのレベルから成り立ち、全てのレベルをクリアすると再び1レベル目から難易度が増した状態で再スタートします。

前作の主要な要素であったジャンプに対して、今作ではツルを上下に移動するアクションが特徴的です。ツルを上昇するときには、両手で2本のツルを掴むことにより早く上昇し、下降するときには1本のツルにつかまることで急降下することが可能です。ステージ各所に配置されている果物は、ジュニアの唯一の武器で、これを利用して攻略を進めます。4番目のレベルでは、鍵を押し上げてドンキーコングの閉じ込められた檻を解放するタスクがあります。

ドンキーコングの基板及びプログラムが元となって制作されたためか、前作と同じくレベル22では、ボーナスポイントが400(4カウント分)減少するだけで失敗となります。

ファミリーコンピュータ版について

『どうぶつの森+』(2001年)と『どうぶつの森e+』(2003年)では「ファミコン家具」の一部として登場しています。 『ドンキーコング』がファミリーコンピュータに移植される際に一部のレベルがカットされましたが、本作品の移植版ではそのようなカットは行われませんでした。しかし、以下の部分についてはアーケード版とは異なります。 デモ画面(運搬シーン) 檻に閉じ込められているドンキーコングが手足を動かす動作がなく、また手枷と足枷も存在しません。 レベル1では、青色のスナップジョーが水面に潜る際に発生する水しぶきがありません。 レベル2では、ニットピッカーが投げ落とす卵が地面に落ちたときに、卵が真っ二つに割れるシーンがありません。 ファミリーコンピュータ版のドンキーコングでは、レベル133で残り時間が400になり、25mを超えることができなくなりますが、本作品では9000になり、通常は残り時間が1000を切ったときに流れる警告音がゲーム開始直後から鳴り続けます。次に進むレベル134では初期タイムが”E800″と表示され、ここでも警告音が初めから鳴り続けますが、クリアすることは可能です。しかしながら、レベル134をクリアしレベル135に進むとゲームがフリーズし、リセットする以外の方法でゲームを続行することはできません。

About Donkey Kong Junior

“Donkey Kong Jr.” (also known as Donkey Kong Junior, DONKEY KONG JR.) is an arcade game that was released by Nintendo in 1982. In the arcade version and some overseas releases, it is referred to as “DONKEY KONG JUNIOR”.

Overview This game is a single-screen action game in which Donkey Kong’s son, Donkey Kong Jr., rescues Donkey Kong, who has been caged by Mario.

Game Structure The game is composed of four levels, and after clearing all the levels, it restarts from the first level with increased difficulty.

Compared to the jumping, which was a key element of the previous game, a distinctive feature of this game is the action of moving up and down vines. When ascending on a vine, you can climb faster by grasping two vines with both hands, and when descending, you can make a quick descent by holding onto one vine. Fruits placed throughout each stage serve as Junior’s only weapon, and these are used to progress through the game. In the fourth level, there is a task of pushing up keys to unlock the cage in which Donkey Kong has been trapped.

Possibly because the game was developed based on the original Donkey Kong’s circuit board and program, like the previous game, at level 22, failure occurs with just a reduction of 400 bonus points (4 counts).

Regarding the Family Computer Version “Donkey Kong Jr.” appeared as part of the “Famicom Furniture” in “Animal Crossing+” (2001) and “Animal Crossing e+” (2003). When “Donkey Kong” was ported to the Family Computer, some levels were cut, but no such cuts were made in the ported version of this game. However, the following parts are different from the arcade version:

  • The demonstration screen (transportation scene) does not include Donkey Kong, who is caged, moving his hands and feet, and there are no handcuffs or leg shackles.
  • In Level 1, there is no splash that occurs when the blue Snapjaw submerges into the water.
  • In Level 2, there is no scene where the Nitpicker’s dropped egg breaks into two when it hits the ground.

In the Family Computer version of Donkey Kong, the remaining time becomes 400 at Level 133, and it becomes impossible to exceed 25m, but in this game, it becomes 9000, and the warning sound that usually plays when the remaining time drops below 1000 continues to sound right from the start of the game. At the next level, Level 134, the initial time is displayed as “E800”, and the warning sound continues to ring from the start, but it is possible to clear the level. However, after clearing Level 134 and moving on to Level 135, the game freezes, and there is no way to continue the game other than resetting it.

コメント

タイトルとURLをコピーしました