ナッツ&ミルク

1984

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

1980年代初頭、コンピュータゲームの黄金期を迎えていた日本。その中で、1983年にハドソンから登場した「ナッツ&ミルク」は、当時のパソコンユーザーを魅了した。そして、その人気を受けて、翌1984年7月20日にはファミリーコンピュータ(ファミコン)向けにもソフトがリリースされました。

ファミコン版「ナッツ&ミルク」は特別な存在でした。実は、これは日本の家庭用ゲーム機で初めてサードパーティーがリリースしたソフトだったのです。もちろん、同時期にハドソンから発売された「ロードランナー」という強力なタイトルとの競合がありましたが、シンプルでありながらキュートなキャラクターや直感的なゲーム性で、多くのファンの心をつかみました。

「ナッツ&ミルク」は、その当時のゲームとしては珍しく、男児だけでなく女児もターゲットとしてデザインされたゲームでした。ゲーム内のグラフィックは、優しいパステルカラーを基調とし、丸くて愛らしいキャラクターデザインが特徴です。

ゲームのメインキャラクターは「ミルク」。彼は恋人「ヨーグルト」の家を目指すアクションパズルゲームの主人公です。途中、邪魔をするのがタイトルにもなっている「ナッツ」という敵キャラクター。ミルクは攻撃する能力がなく、敵を避けながら進むことが求められます。そのシンプルさの中に、戦略やタイミングが問われるゲーム性があり、見た目以上に難易度が高いのが特徴です。

このゲームには、プレイヤー自身でステージをデザインできるエディット機能も搭載されており、自分だけのオリジナルステージを楽しむことができます。

さらに、ゲームの影響は時代を超えて続いています。2000年代に入ると、「ナッツ&ミルク」は様々なプラットフォームでリメイク版が配信され、新たなファンを獲得。そして2005年には、ゲームボーイアドバンスの「ハドソンベストコレクションVol.4 謎解きコレクション」にも収録されています。

最後に、初期の任天堂のファミコンゲームと似た構成や、一部のキャラクターデータが流用されている点も興味深い。特に、ロムデータ内にはゲーム画面に表示されない任天堂のロゴが隠されているのは、ゲームファンには見逃せないポイントでしょう。

「ナッツ&ミルク」は、今も多くの人々に愛され続けている、レトロゲームの傑作と言えるでしょう。

ゲームの目的

ステージに点在するフルーツ、特にリンゴやバナナを全てゲットするのがまず最初の目的です。その後、画面の左上の家からヨーグルちゃんが出現。彼女のもとへタイムリミット内にたどり着くことで、ステージクリアとなります。ただし、ナッツや飛行船に触れるとミス!時間切れや水に落ちることもミスの原因です。ミスを繰り返し、残り人数がゼロとなってしまうと、ゲームオーバーとなります。

特に、ステージの末尾が3や8で終わる場合はボーナスステージとして、最初から中央にいるヨーグルちゃんの元へ向かうことが新たな目標となります。

ゲームの特徴

  • 仕掛け
    • レンガ・土管:通ることができない壁や床。
    • ロープ:上下の移動が可能。ただし、ジャンプはできません。
    • スプリング:高い場所へのジャンプに使います。ただ、操作には慣れが必要です!
  • キャラクター紹介
    • ミルク:ピンク色のかわいらしい主人公。
    • ナッツ:ミルクの敵。水色のキャラで、ミルクに接触するとミス。
    • ヨーグル:ミルクの恋人。彼女にたどり着くことがステージクリアの鍵。
    • ヘリコプター:得点アイテム。ゆっくりと画面を横切ります。
    • 飛行船:ヘリコプター同様に出現し、触れるとミスとなる敵キャラ。
    • 火の玉:ボーナスステージに現れる、高速移動する敵キャラ。

In the early 1980s, Japan was experiencing the golden age of computer games. Among them, “Nuts & Milk,” released by Hudson in 1983, captivated PC users of that time. Riding on its popularity, a software for the Family Computer (Famicom) was released on July 20, 1984.

The Famicom version of “Nuts & Milk” held a special place. In fact, it was the first software ever released by a third-party for a Japanese home gaming console. While there was competition with another powerful title, “Road Runner,” released by Hudson around the same time, its simple yet cute characters and intuitive gameplay captured many fans’ hearts.

Interestingly, “Nuts & Milk” was designed targeting not only boys but also girls, which was unusual for games at that time. The game graphics were characterized by gentle pastel colors and round, adorable character designs.

The game’s main character is “Milk.” He’s the protagonist of an action-puzzle game aiming for his girlfriend “Yogurt’s” house. Along the way, he is obstructed by an enemy character named “Nuts,” as referenced in the title. Milk does not have the ability to attack and is required to proceed while avoiding enemies. Despite its simplicity, the gameplay requires strategy and timing, and it’s notably challenging.

The game also features an edit function that allows players to design their stages, allowing them to enjoy their original stages.

Furthermore, the influence of the game continues beyond its time. In the 2000s, remakes of “Nuts & Milk” were distributed on various platforms, gaining new fans. In 2005, it was included in the Game Boy Advance’s “Hudson Best Collection Vol. 4: Puzzle Collection.”

Lastly, its similarity to early Nintendo Famicom games and the reuse of some character data are intriguing. Notably, a hidden Nintendo logo within the ROM data is a point that game enthusiasts cannot overlook.

“Nuts & Milk” can be regarded as a masterpiece of retro gaming, still cherished by many.

Game Objective:

Your initial goal in each stage is to collect all fruits, especially apples and bananas. Once collected, Yogurt appears from the house on the top left of the screen. Reaching her within the time limit results in clearing the stage. However, if you come into contact with Nuts or the airship, it’s a mistake! Falling into water or running out of time also results in mistakes. Repeated errors with no remaining lives lead to a game over.

Especially stages ending in 3 or 8 serve as bonus stages, where the new goal is to reach Yogurt, who is in the center from the start.

Game Features:

Mechanics:

  • Bricks & pipes: Impassable walls or floors.
  • Ropes: Allow vertical movement but no jumping.
  • Springs: Used to jump to higher places, though it requires some practice.

Character Introduction:

  • Milk: A lovely pink protagonist.
  • Nuts: Milk’s enemy. A blue character that causes a mistake upon contact.
  • Yogurt: Milk’s girlfriend. Reaching her is key to clearing the stage.
  • Helicopter: A scoring item that slowly crosses the screen.
  • Airship: Appears like the helicopter but causes a mistake upon contact.
  • Fireball: An enemy character in the bonus stage that moves at high speeds.

コメント

タイトルとURLをコピーしました