ベースボール,Baseball

1983

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

任天堂からファミコンへの野球の誕生:「ベースボール」を詳しく解説

1983年12月7日、任天堂は「ベースボール」というタイトルのファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)用ゲームソフトをリリースしました。このゲームは、その名の通り、プレイヤーが実際の野球のようにプレイし、勝敗を競うものでした。数年後の1986年2月21日には、このゲームはファミコンディスクシステムにも移植されました。

ゲームの特徴

この「ベースボール」は、ファミコンでの野球ゲームの先駆けとなり、多くの後続のゲームに影響を与えた作品として知られています。特に、十字キーを使用して4つの塁の動きを制御する方式など、後に「プロ野球ファミリースタジアム」といったゲームの基盤となる要素を確立していました。プレイモードとしては、1人用ではプレイヤーがコンピュータと対戦する形式、2人用では2人のプレイヤーが直接対戦する形式が楽しめました。

さらに、売上の面でも注目されており、スポーツゲームの中で「Wii Sports」や「ゴルフ」と並ぶ第3位の売上を記録しています。

チーム選択とその特色

ゲームを開始すると、プレイヤーはC、D、G、S、T、Wの6つのチームの中から1つを選ぶことができます。これらの文字は、セ・リーグの6球団のチーム名の頭文字を指しており、各チームのユニフォームの色も実際のチームカラーを反映したものになっています。たとえば、Cは広島東洋カープ、Dは中日ドラゴンズ、Gは読売ジャイアンツ、といった具体的な球団に対応しています。興味深いことに、北米でリリースされたバージョンでは、これらのチームはメジャーリーグの球団に合わせて変更されています。

1人プレイの場合、プレイヤーが先攻か後攻かはランダムに決まりますが、2人プレイの場合はコントローラーの持ち手によって決定されます。そして、相手のチームはランダムに選ばれますが、特定の操作を行うと、必ずGチームと対戦することができる隠し機能も存在します。

このゲームはアーケード版も存在し、そのバージョンでは2人プレイでも先攻・後攻がランダムに決まるという点が異なっています。

以上、任天堂の「ベースボール」という歴史的なゲームソフトの詳細をご紹介しました。このゲームは、後の野球ゲームの多くに影響を与える重要な作品として、多くのゲームファンから愛されています。

「ベースボール」のゲームプレイの深堀り:ルール、操作、そして隠し技

「ベースボール」は、基本的には実際の野球のルールに沿ったゲームですが、多くの独特な要素や操作方法が取り入れられています。

投球と打撃

ゲーム内の投手は、変化球や緩急のあるボールを投げることができます。さらに、牽制球を投げることも可能。特筆すべきは、ゲーム内では投手のスタミナが減少しないという点です。これは、実際の野球とは大きく異なります。一方、打者や投手の利き腕は毎回のプレイでランダムに設定されるため、戦略が常に変わる可能性があります。

走塁と守備

走者は打球後、いつでもベースを進むことができます。しかし、守備側にはいくつかの制約があります。特に、球を捕球する動作は自動的に行われ、プレイヤーはこの部分に介入することができません。捕球後の送球はプレイヤーが制御できますが、ゲーム内の守備プレイは完璧とは言えず、簡単なゴロボールでも外野に抜けてしまうことがよくあります。

試合結果

もし9回終了時に勝敗が決まらなかった場合、延長戦は行われず、試合は引き分けとして終了します。さらに、ある程度の点差が生じると、試合はコールドゲームとして早期終了します。ただ、特定の状況下でコールドゲームが誤って成立するというバグも存在していました。

隠し技と特殊な操作

興味深いことに、特定の操作を行うと、非常に遅い球を投げることができます。この特異な投球は、十字キーの操作や外部機器を使うことでさらに変則的な動きにすることができます。そして、『どうぶつの森シリーズ』では、この特殊な投球をより簡単に行えるようになっています。

また、2人対戦時には、試合を一時停止する機能を悪用し、相手の打撃タイミングを崩すテクニックも存在しました。

このように、「ベースボール」はシンプルながらも、多彩な操作や隠し要素が詰め込まれており、プレイヤーを飽きさせない工夫が随所に散りばめられています。

The Legacy of “BASEBALL” for the Famicom

In the world of gaming, 1983 marked a significant chapter in the sports genre with the introduction of “BASEBALL” on December 7th. Launched by Nintendo for the ever-popular Family Computer, known more commonly as the Famicom, this game presented players with the thrilling action of baseball right at their fingertips. Its impact was substantial enough that by February 21, 1986, it was adapted for the Disk System.

The Game’s Essence: Going by its straightforward title, “BASEBALL” offered a digital rendition of the classic sport, allowing players to compete and determine the victor. It holds the distinction of being the Famicom’s debut baseball game. What’s noteworthy is how it set the foundation for future baseball games, such as “Pro Baseball Family Stadium”. It introduced a control scheme where the directional pad corresponds with the four bases. Players could either square off against the computer or indulge in a one-on-one match with another player.

In the realm of sports-themed video game sales, “BASEBALL” secured its position as the third best-selling title, trailing behind “Wii Sports” released in 2006 and “GOLF” from 1984.

Diving Deeper into the Gameplay: Upon initiating the game, players could select from six teams, identified by the initials C, D, G, S, T, and W. These initials were derived from the first letters of the team names of the Central League in Japan. For example, C represents the Hiroshima Toyo Carp, whose colors are red and white, and D stands for the Chunichi Dragons with light blue and white as their signature colors. This thoughtful inclusion ensured that the in-game uniforms matched the respective team colors.

For the North American version, released for the NES, the team names were revamped to resonate with Major League Baseball teams. This version saw teams like A (Oakland Athletics), C (St. Louis Cardinals), and Y (New York Yankees) taking the spotlight.

A single-player game would randomly decide if you’d play offense or defense. In two-player mode, the first controller always leads the offense, while the second is on the defense. The computer-selected team is chosen randomly from the remaining teams. However, an interesting feature emerges if you press the select button while powering up or hitting the reset; the opponent will always be the G team.

It’s worth noting that the arcade version maintained these game mechanics. However, even in two-player mode on the arcade, the decision between leading an offense or defense was left to chance.

The legacy of “BASEBALL” for the Famicom serves as a testament to how sports and gaming, two seemingly different domains, can come together to create an experience loved by many.

Diving Deep into the Gameplay of “BASEBALL”: Rules, Controls, and Hidden Techniques

“BASEBALL” fundamentally adheres to the rules of real-life baseball, but it integrates many unique elements and controls.

Pitching and Batting: Inside the game, the pitcher can throw a variety of pitches, including off-speed balls and ones with different movements. Moreover, pickoff throws to bases are possible. Notably, in the game, the pitcher’s stamina does not decrease, which is a stark contrast to real baseball. On the other hand, the handedness (right or left) of batters and pitchers is randomly set for every game, leading to the possibility of ever-changing strategies.

Baserunning and Defense: After hitting the ball, runners can advance to the bases at any time. However, there are some constraints for the defensive side. Specifically, catching the ball is automated, and players cannot intervene in this action. Although players control throws after catching, in-game defensive plays aren’t flawless. It’s not uncommon for simple ground balls to mistakenly pass into the outfield.

Game Outcomes: If the game remains undecided at the end of the 9th inning, there is no extra inning—instead, the game concludes as a draw. Moreover, if a significant point gap arises, the game can end prematurely as a mercy rule. However, there was a known bug where the mercy rule might be incorrectly applied under specific circumstances.

Hidden Techniques and Special Controls: Interestingly, by executing particular controls, one can pitch an exceptionally slow ball. This peculiar pitch can be further manipulated with unique directional pad controls or external devices. In the “Animal Crossing series,” performing this unique pitch becomes even more straightforward.

Additionally, during two-player matches, a tactic existed where one could exploit the game’s pause feature to disrupt the opposing player’s batting timing.

As illustrated, while “BASEBALL” might appear simple, it is packed with a variety of controls and hidden elements. Clever features sprinkled throughout ensure players remain engaged and entertained.

コメント

タイトルとURLをコピーしました