ポパイ

1983

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

『ポパイ』(POPEYE) は、古くから愛されてきたアメリカの漫画『ポパイ』(1929年発表)をベースとした、任天堂がリリースしたゲームソフトとアーケードゲームです。このキャラクターは、魅力的で個性的なキャラクターたちが登場する物語で、多くのファンを持っています。

1981年、任天堂はこのキャラクターを使用して、携帯用ゲーム「ゲーム&ウオッチ」をリリースしました。そして、1982年には新しいコンセプトのアーケードゲームとしても登場しました。この記事では、特にアーケードゲーム版に焦点を当てて解説しますが、ゲーム&ウオッチ版についても触れていきます。

ポパイのチート集

チートコード 内容
0073-1-00 無敵1P,2P
006C-1-09 残機MAX1P,2P
00E0-1-40 無敵(最初からほうれん草を食べた状態)
06FF-1-01 降ってくるハート・音符の停止

アーケードゲーム『ポパイ』の歴史

1982年、アーケードゲームとしての『ポパイ』が登場。そして、翌年1983年7月15日には、ファミリーコンピュータのローンチタイトルとしても発売されました。また、このゲームは国外でも注目を浴び、コレコビジョンやコモドール64などのプラットフォームにも移植されました。

2007年の秋には、グラフィックを刷新した携帯電話用のリメイク版もバンダイナムコゲームスによってリリースされました。

ゲームのプレイ内容

アーケード版のステージは、4段階のレイアウトを持ちます。プレイヤーは主人公ポパイを操作して、彼の永遠のライバル、ブルートの妨害を避けながら、恋人オリーブが投げるハート、音符、アルファベットを集めていきます。各アイテムを収集することで高得点を狙うことができ、段階によって得点が変動します。ゲームの難易度は進行するごとに上がっていくので、策略と技巧が求められます。

ポパイは敵であるブルートに直接攻撃はできないものの、特定のアクションで彼を妨害したり、避けることができます。さらに、ステージごとに異なる仕掛けやボーナスアイテムが存在し、これを利用してゲームを有利に進めることができます。

アーケード版の特徴として、ステージは全3面からなり、それぞれに独自の背景や仕掛けが用意されています。プレイヤーはこれらの仕掛けを駆使して、ブルートや他の敵キャラクターとの戦いを繰り広げながら、目的を達成していく必要があります。

最後に、ポパイが特定のアイテム、ほうれん草を取得すると、一時的にパワーアップし、ブルートを直接攻撃することができるモードになります。このモードは限られた時間内でのみ利用可能で、利用時の戦略がゲームの進行に大きく影響します。

このように、『ポパイ』はシンプルながらも奥深いゲームプレイが魅力のアーケードゲームとして、多くのファンから愛されています。

“POPEYE” is a game software and arcade game released by Nintendo, based on the long-beloved American cartoon “Popeye” (first introduced in 1929). This character stars in a story with captivating and unique characters, and has a vast fan base.

In 1981, Nintendo utilized this character to release a handheld game called “Game & Watch”. Then, in 1982, it made its debut as an arcade game with a new concept. While this article primarily focuses on the arcade version, it will also touch upon the Game & Watch edition.

The History of the Arcade Game “Popeye”

In 1982, “Popeye” was introduced as an arcade game. The following year, on July 15th, 1983, it was also released as one of the launch titles for the Famicom. This game garnered attention outside Japan too, being ported to platforms like ColecoVision and Commodore 64.

In the fall of 2007, Bandai Namco Games released a mobile remake of the game, boasting revamped graphics.

Gameplay Description

The arcade version consists of stages with a four-tier layout. Players control the protagonist, Popeye, aiming to collect hearts, musical notes, and letters tossed by his lover Olive, all while dodging hindrances from his eternal rival, Bluto. Scoring varies depending on which tier an item is collected, and players can aim for high scores with strategic gameplay. As the game progresses, the difficulty level intensifies, demanding more strategy and skill.

While Popeye cannot directly attack his enemy Bluto, he can use specific actions to hinder or avoid him. Furthermore, different tricks and bonus items exist in each stage, aiding players in advancing through the game more efficiently.

A notable feature of the arcade version is its three distinct stages, each equipped with unique backgrounds and mechanisms. Players need to employ these mechanisms efficiently to overcome challenges posed by Bluto and other enemy characters.

Lastly, when Popeye collects a specific item – spinach, he temporarily powers up, allowing him to directly attack Bluto. This mode is only available for a limited time, and how players use it strategically affects their game progression significantly.

In conclusion, “Popeye”, while seemingly simple, offers deep gameplay and, as an arcade game, continues to captivate many fans.

コメント

タイトルとURLをコピーしました