マリオブラザーズ

1983

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「マリオブラザーズ」:ゲーム界の革命をもたらした任天堂の伝説

「マリオブラザーズ」は、1983年の一大センセーションを引き起こした任天堂の革命的なアクションゲームです。このゲームは、全世界に名を馳せる「マリオシリーズ」の端緒となる作品で、マリオというキャラクターがタイトルに名を連ね、正式に主人公として認知されるようになった歴史的瞬間でした。

ゲームのパッケージを手に取ると、その中央には独特の帽子をかぶった2人のキャラクターが描かれています。それは、今やアイコニックな存在となったマリオと彼の双子の弟、ルイージです。そして、ゲームのタイトルはスクリーン上で「MARIO BROS.」、つまり「マリオブロス」として紹介されており、これが「スーパーマリオブラザーズ」を始めとする後続のシリーズにも引き継がれるスタイルとなりました。

このゲームは、1983年3月14日にまず「ゲーム&ウオッチ」版としてデビューしました。そして、同年7月14日にはアーケードゲームとしてもプレイヤーたちの前に姿を現しました。しかし、これら2つのバージョンはゲームの内容が異なるため、一般に「マリオブラザーズ」と言われると、ほとんどの人はアーケード版やそれに基づく移植作を指すものとして認識しています。

ゲームの内容としては、アーケード版「マリオブラザーズ」は、先行してリリースされた「ドンキーコング」でのマリオと、彼の双子の弟ルイージを操って、下水道から侵入してくるさまざまな敵、例えばカメやカニ、ハエなどを排除する固定画面のアクションゲームとなっています。

興味深いことに、マリオは「ドンキーコング」では大工としての設定でしたが、「マリオブラザーズ」では、一時期工場作業員としての役割を経て、配管工という職業へとシフトしています。また、ルイージがゲーム内で初めて登場したのもこの作品ですが、この時点ではマリオとの違いは彼らの服の色だけでした。

このアーケードゲームは大ヒットし、後にファミリーコンピュータなど多くの家庭用ゲーム機に移植され、多くのゲーマーたちの心をつかむこととなりました。

「マリオブラザーズ」:ファミリーコンピュータ版の探究

1983年9月9日、一つのゲームが日本の家庭ゲーム業界を変えました。「マリオブラザーズ」のファミリーコンピュータ版が登場し、その後国内で約163万本も売上げられました。長い間、このオリジナル版ルールの移植作が存在しなかったため、中古市場では高価で取引される「プレミアソフト」として扱われていました。しかし、ゲームボーイアドバンスによる復刻版の影響などから、現在の取引価格はかなり落ち着いています。

ファミリーコンピュータ版のROMカセットのタイトルシールは、2種類のデザインが存在しています。初期版は、銀の背景にオレンジ色のタイトルの下に太い波線がデザインされているもので、後期版はタイトルの横にゲームのイラストが縮小表示されています。実は、中古市場で見ると、後期版の方が流通量が少ないため、希少価値が高いとされています。

1988年10月23日に登場した「スーパーマリオブラザーズ3」では、「マリオブラザーズ」をベースにした2人プレイモードが楽しめます。ただし、いくつかの違いがあり、ゴールした後のパネルを奪い合うミニゲームのデザインが異なり、敵キャラクターの名前や表記も異なるなどの変更が施されています。

また、ファミリーコンピュータのCMでは、「マリオブラザーズ」が紹介されていたものの、ルイージの色設定が現在のものとは異なっており、アーケード版のデザインを元にしていました。

さらに、ファミリーコンピュータ版では、容量の都合からアーケード版に比べていくつかの演出がカットされたり、キャラクターのサイズが変わったりという違いがあります。

1993年には、ヨーロッパ限定で「Mario Bros. Classic」というバージョンがリリースされました。このバージョンには、アーケード版の特定のデモが追加されており、さらに進めると敵キャラクターの動きに変化が見られるなど、新しい要素が数多く取り入れられています。

さて、ゲームプレイに関する興味深い情報として、PHASE 99をクリアするとその次はPHASE 0と表示され、そしてPHASE 1に戻るというサイクルが続きます。また、ルイージはゲーム開始時の位置がわずかに右寄りとなっているため、特定のステージではタイムを0.1秒多く残すことが可能です。

まとめると、「マリオブラザーズ」のファミリーコンピュータ版は、多くの変更や特徴があり、それぞれのバージョンで独特の魅力を持っています。ゲームの歴史や発展を振り返る上で、この情報は非常に価値があると感じます。

「帰ってきたマリオブラザーズ」:ファミリーコンピュータ ディスクシステム版の特徴と背景

1988年11月30日、ファミリーコンピュータ ディスクシステムにおいて、「帰ってきたマリオブラザーズ」という新たなマリオのゲームがディスクライター書き換え専用ソフトとしてリメイク発売されました。

驚くべきは、このゲームのリメイク発売に当たり、食品企業の永谷園がスポンサーとして名を連ねていました。この提携は、永谷園が「マリオカレー」を始めとするマリオキャラクターをフィーチャーした商品を発売していたことに起因します。このコラボレーションの結果、通常500円で提供されるはずのソフトが、広告料の補填などの特別措置により400円という低価格で提供されることとなりました。さらに、ゲームプレイ中に「マリオカレー」や「お茶づけ海苔」のCMが流れるという斬新な仕掛けも取り入れられ、話題を集めました。これにより、2006年の時点で、マリオシリーズの中では最もコスパの良いソフトとして名を刻むこととなりました。

その他の特徴として、ゲーム内で「ながたにえんワールド」モードが提供されており、ゲームオーバーとなった際に復活のチャンスが与えられるシステムが採用されています。また、このモードをプレイし、特定のスコアを獲得したプレイヤーは、提供される暗号を永谷園に送信することで、マリオ3のトランプやカセットなどの特典を獲得することができました。このキャンペーンは、1988年11月30日から1989年5月31日までの期間に実施されました。

技術的な側面では、ディスクシステム版は容量が増加したことから、敵キャラクターのグラフィックがアーケード版により近いデザインになっており、ファミコンのROM版で見られなかった要素や仕様、例えば「つらら」やボーナスステージの特徴などが復活しています。プレイヤーは、ジャンプ中に十字ボタンを使用してジャンプの強さを調節することも可能となっています。

締めくくりとして、このゲームはファミリーコンピュータ ディスクシステムにおけるマリオシリーズの最後の新作として位置づけられています。この作品は、マリオシリーズの歴史において、技術的進化やマーケティングの面での独自のアプローチを持った一つの金字塔として、ゲーム愛好家に長く愛され続けています。

“Mario Brothers”: Nintendo’s Legendary Game that Revolutionized the Gaming Industry

“Mario Brothers” is a revolutionary action game by Nintendo that caused a major sensation in 1983. This game marked the beginning of the world-famous “Mario Series” and was a historical moment when the character, Mario, was officially recognized as the protagonist, with his name featured in the title.

Upon picking up the game package, in its center, you’ll find two characters donning distinct hats. These are the now-iconic Mario and his twin brother, Luigi. The game’s title is presented on the screen as “MARIO BROS.”, or “Mario Bros.” in English, a style that would carry over to subsequent series, including “Super Mario Brothers.”

The game first debuted for the “Game & Watch” version on March 14, 1983. Later, on July 14th of the same year, it also appeared as an arcade game. However, these two versions differ in gameplay, and when most people refer to “Mario Brothers,” they generally recognize it as the arcade version or its subsequent adaptations.

In terms of gameplay, the arcade version of “Mario Brothers” is a fixed-screen action game. Players control Mario, previously seen in “Donkey Kong,” and his twin brother Luigi, working together to fend off various enemies such as turtles, crabs, and flies that infiltrate from the sewers.

Interestingly, while Mario was depicted as a carpenter in “Donkey Kong,” in “Mario Brothers,” after briefly being portrayed as a factory worker, his profession transitioned to that of a plumber. Moreover, this game marked Luigi’s debut in the series, but at this point, the only distinction between him and Mario was the color of their outfits.

This arcade game was a massive hit. It was later ported to several home gaming systems, like the Family Computer, capturing the hearts of numerous gamers worldwide.

“Mario Brothers”: Exploring the Family Computer Version

On September 9, 1983, a game transformed the home gaming industry in Japan. The Family Computer (often called “Famicom”) version of “Mario Brothers” was released, subsequently selling approximately 1.63 million copies nationwide. For a long time, as there was no port of this original version’s rules, it was considered a “premium software” in the second-hand market and traded at high prices. However, with influences like the Game Boy Advance reissue, the current trading price has significantly settled.

The Famicom version’s ROM cartridge title seal comes in two design variations. The earlier version features a silver background with an orange title underlined by a thick wavy line. The later version displays the game’s illustration next to the title. Interestingly, the latter version is rarer in the second-hand market, making it more sought after and valuable.

With the release of “Super Mario Brothers 3” on October 23, 1988, players could enjoy a two-player mode based on “Mario Brothers.” However, there were some differences. The design of the mini-game where players compete for panels after reaching the goal was altered, and there were changes in the names and notations of enemy characters.

In Famicom commercials featuring “Mario Brothers,” Luigi’s color scheme differed from today’s and was based on the arcade version’s design.

Furthermore, due to capacity constraints in the Famicom version, some effects present in the arcade version were omitted, and character sizes were adjusted.

In 1993, a version titled “Mario Bros. Classic” was released exclusively in Europe. This edition added specific demos from the arcade version and introduced various new elements, such as changes in enemy character movements as players progressed.

An intriguing gameplay detail is that, upon clearing PHASE 99, the display shows PHASE 0, which then loops back to PHASE 1, and this cycle continues. Also, Luigi’s starting position in the game is slightly to the right, enabling players to save an additional 0.1 seconds on certain stages.

In conclusion, the Famicom version of “Mario Brothers” encompasses numerous alterations and features, with each version possessing its unique charm. Reflecting on the history and evolution of the game, this information holds significant value.

“Return of the Mario Brothers”: Characteristics and Background of the Family Computer Disk System Version

On November 30, 1988, a new Mario game titled “Return of the Mario Brothers” was released as a remake exclusively for the Disk Writer system of the Family Computer Disk System.

Remarkably, for this game’s release, the food company Nagatanien became a sponsor. This collaboration stemmed from Nagatanien’s launch of products featuring Mario characters, including “Mario Curry”. As a result of this partnership, a game that would typically cost 500 yen was made available for the reduced price of 400 yen, thanks to advertising fee offsets and other special measures. Furthermore, the game included a unique feature where commercials for “Mario Curry” and “Ochazuke Nori” would play during gameplay, creating quite a buzz. By 2006, this game was recognized as the most cost-effective title in the Mario series.

Among other features, the game introduced the “Nagatanien World” mode, where players were given a chance to revive after a game over. Players who played this mode and achieved a specific score could send a provided code to Nagatanien to win prizes like “Mario 3” playing cards and cassettes. This campaign ran from November 30, 1988, to May 31, 1989.

From a technical perspective, due to the increased capacity of the Disk System version, enemy character graphics were closer in design to the arcade version. This allowed for the revival of elements and features, such as “icicles” and bonus stage characteristics, not seen in the Famicom ROM version. Players could also adjust jump strength using the directional buttons during a jump.

In conclusion, this game stands as the last new entry in the Mario series for the Family Computer Disk System. It remains cherished by gaming enthusiasts for its role in the Mario series’ history, showcasing technical advancements and unique marketing approaches.

コメント

タイトルとURLをコピーしました