ワイルドガンマン

1984

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ワイルドガンマンをプレイした感想

ワイルドガンマンはすごく画期的なゲームでしたね🤔

光が出るワイルドガンマン専用の光線銃を使ってするゲームで、ブラウン管テレビのみにしか使えないのだとか😶

つまり、液晶テレビが主流となっている現在では遊べないですね😓

調べてみて初めて知ったのですが、当たり判定はテレビ側ではなく、光線銃の銃口だそうです🤔

原理はなんとなく分かりますが、よく考えたものですね😮

ワイルドガンマンのゲーム内容は、西部劇のガンマンそのもの😃

光線銃を専用のホルスターに入れ、クリント・イーストウッドのように銃を素早く抜き出し、敵を倒します🫣

銃を抜くタイミングは、画面に『Fire!』と表示されてから、早すぎても遅すぎても失敗です🥹

タイミング良く敵を撃つことができたら、敵は倒れます😑

また、帽子が飛んで禿頭があらわになったり、ズボンがズリ落ちるなどコミカルな表現もあり、殺伐とした殺し合いゲームではありません😀

コメント

タイトルとURLをコピーしました